-->
こちらのページは特集(Special Issues)の一つです。専門用語頻出による読み辛さにご注意下さい。

行為障害

Written by on
行為障害とは、他人の権利に関わるような、児童の繰り返される反社会的行動です。
以下の行為が12ヶ月続く場合に診断されます。
  • いじめ
  • 嘘つき
  • だます行為
  • 喧嘩/乱闘
  • 癇癪かんしゃく
  • 器物破壊
  • 窃盗
  • 放火
  • 人や動物への残酷な行為
  • 暴行
  • 強姦
  • 怠惰

  • ケースの40%が10歳以下で発症し、大人になって反社会的性格障害を持つ傾向が見られます。
    行為障害者の多くは若年齢で飲酒と薬物使用に関与、非行行為は犯罪につながっていきます。

    生物学的アプローチでは、反社会的親から生まれた男児に遺伝性が見られるとしています。
    サイコダイナミックアプローチは、幼少期の虐待や親の精神疾患などを原因として指摘します。
    社会文化的アプローチは、早期の施設入りや親の育児放棄などを原因として考えます。

    治療には薬剤は使われず、社会的能力と思考能力の訓練が試されます。

    参考:Abnormal Child and Adolescent Psychology, Rita Wicks-Nelson et al., 2009

    Share this on... 
    Page Top
    Home



    SPECIAL ISSUES